高級貸別荘 ClubCoralCoast (パシフィックハーバー) http://www.fiji-ccc.com 
CCC滞在生活
宿泊施設について
FIJIでのアクティビティ
フィジーへの往復
フィジーについて
宿泊料金
フィジー大使館
お問い合わせ
オーナー長谷川
日本から南へ約7,000Kmの南太平洋のほぼ中央部に位置するフィジーは、正式国名をThe Republic of Fiji Islands・日本語でフィジー諸島共和国といいます。首都はSuva(スバ)。
Club Coral Coastのあるビチレブを最大の島として、砂糖生産と観光が主力産業の島々は300以上を数え、その地理的位置のみならず、南太平洋の民族や文化が交差することから「南太平洋の十字路」と呼ばれています。
時差は、日本時間+3時間です。日本が正午の時、フィジーは午後3時です。なお、11月〜3月迄は夏時間になり4時間です。

気候と服装
年間を通して気候に恵まれており、各月の平均気温は23〜30度。年間を通して泳げる常夏の国です。1年は5〜 11月の乾期と12〜4月の雨期に分けられていますが、貿易風の影響により、極端に雨が多くなることはありません。なかでも晴天の多い現地の冬である6〜9月、ちょうど日本の夏休みごろがベストシーズンです。服装は日本の夏服をそのままスライドさせれば大丈夫ですが、冬の朝晩は冷え込むことがあるので、長袖のカーディガンなどを1枚持つことをおすすめします。
通貨について
通貨単位はフィジードル(F$)。補助単位はフィジーセント(F¢)です。、F$1=約45円 (’12年2月)です。日本国内では、東京と大阪のANZ(オーストラリア・ニュージーランド)銀行で両替が可能です。それ以外の都市からご出発の方はフィジー到着後の両替となるのが一般的です。ナンディ国際空港の到着ロビーには24時間営業の銀行があります。


フィジー特有の食べ物

【ロボ】魚や肉にダロ芋などをバナナの葉で包み石焼きします。塩味だけでの素朴な味です。現地では冠婚葬祭の時の贅沢な食事です。
【バーベキュー】主にラム肉と鶏肉、ソーセージのバーベキューを楽しみます。ロボと較べて時間がかからず人が集まったときに比較的簡単に野外でエンジョイ出来ます。
【ココンダ】白身の魚をレモンでしめて玉ねぎ、トマト、ピーマンのみじん切りをココナツミルクであえた前菜料理、どのホテルでも注文できます。
【カバ】木の根をたたいて粉にし水にといた現地人の飲み物。おいしくありませんが、一度お試しください。現地人の男達が夜通し座ってあぐらで飲んでいます。
【FIJI Beer】フィジーでもっともポピュラーな国産ビールです。ビール好きな方、好きになった方は日本に買って帰ります。是非お試しください。
【ココナツジュース】木になっているココナツの実を割って飲むことができ、このジュースがココナツジュースといいます。また、ココナツの中の白いまくはわさび醤油で食べるとお刺身のようです。
【ココナツミルク】木から落ちたココナツの実は、厚い皮を外し半分に割り、白い実を削り絞ったものがココナツミルクです。


Club Coral Coast
【住所】PO BOX 303 Pacific Harbour Fiji /  Lot 12 Belo Circle Pacific Harbour Fiji   【TEL】+679-3450421 【FAX】+679-3450900
© Copyright ClubCoralCoast All rights reserved.